2010年04月24日

ついに自衛隊までが参入 募集ポスターに「萌えキャラ」(J-CASTニュース)

 自衛官募集のポスターに「萌えキャラ」が採用され、ネットで話題になっている。アニメ調の若い女性自衛官が大きく描かれ、学生が部屋に貼りたくなるようなものを目指したという。最近、地方自治体や官公庁で「萌えキャラ」活用が相次いでいるが、その流れが自衛隊にも押し寄せた形だ。

 2010年4月19日、自衛隊徳島地方協力本部のサイトに、10年度の自衛官募集ポスターが掲載された。「知れば知るほど誇れる仕事! 自衛官募集」というキャッチコピーが大きく書かれ、アニメに出てきそうな女性自衛官のキャラクターが、指の間からこちらを覗いている。一見すると新作アニメのPRポスターのように見える。

■「中・高・大学生」が部屋に貼りたくなる

 サイトに載っている説明によると、自衛官募集の対象となる「中・高・大学生」が部屋に貼りたくなるようにデザインしたという。ポスターの女性は夏制服を着た航空自衛官で、階級は「3等空曹」。「後輩に仕事を教える傍ら職務に対する探究心も旺盛で自衛隊の仕事が面白くなってきた時期」だそうだ。

 「知れば知るほど〜」というキャッチコピーについては、

  「どの職業にも共通するもので現役自衛官のみならず、仕事に誇りを持ち勤務する社会人には、グッとくるものでしょう。ポスターを通じて、魅力ある自衛隊の仕事を知ってもらいたいと思います」

としている。

 制作を担当したのは、アニメ制作会社「ufotable(ユーフォーテーブル)」。同社は徳島市内に制作スタジオがあり、09年にアニメキャラを使用した阿波踊りPRポスターの制作を担当した。このポスターは人気を呼び、各地で盗難が相次いだ。

■「ちょっと自衛隊いってくる」「違和感なくかわいい」

 08年には東京・渋谷に制服の試着などができるPR施設「自衛館」がオープン。「コスプレショップみたいだ!」とネットで話題になったが、今回の「萌えキャラ」ポスターも注目され、2ちゃんねるには「自衛隊が萌えキャラでお前らを釣ろうとしてる件」といったスレッドが登場。

  「これはありだな」「ちょっと自衛隊いってくる」「違和感なくかわいい」

などと、概ね好意的に受け取られているようだ。

 地方自治体や官公庁などでの「萌えキャラ」活用は04年頃から積極的に行われている。紀州備長炭の産地、和歌山県みなべ町では地元森林組合のPRキャラクターに「びんちょうタン」を起用。アニメ化までされた。

 09年には、愛知県知多市の若者就職支援施設が「知多みるく」というキャラクターを採用し、利用者数が大幅アップ。現在ではその派生キャラクターも登場し、知多半島全体のPRを行うほどの大成功を収めている。総務省サイトにも、魔女キャラ「電波りようこ」が登場したことがあった。自衛隊まで「萌え」に手を出し、今や猫も杓子も「萌えおこし」という様相を呈している。


■関連記事
八王子のお寺に「メード喫茶」 ネットで話題「萌え寺」の挑戦 : 2009/11/13
「らき☆すた」の影響で「鷲宮神社」参拝客17万人増 : 2008/01/10
「メイド喫茶」ブーム終わった 経営悪化で生き残りの道探る : 2008/11/12
「ニートさん、応援するよっ!」 萌えキャラが就職支援 : 2009/02/04
人生まだまだこれから 求めるは「錆びない生き方」 : 2010/04/22

ISS実験棟「きぼう」 運用延長へ問われる成果(産経新聞)
<消費税増税>民主党側拒否 「責任ある公約」遠く(毎日新聞)
息子夫婦をナイフで刺す 60歳父親を逮捕 警視庁(産経新聞)
<共産党>志位委員長と駐日米大使が会談(毎日新聞)
地域政党 「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
posted by ナグモ トオル at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

新幹線 八戸−新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か(毎日新聞)

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構は18日、12月開業予定の東北新幹線八戸−新青森駅間で、試験電車「イースト・アイ」が突然停車するトラブルが起きたと発表した。電気系統が故障したとみて、原因を調べる。同機構によると、イースト・アイは18日午前2時に八戸駅を出発。時速約30キロで走っていた同3時20分ごろ、新青森駅約1キロ手前付近でトラブルが発生した。これに伴い、20日に予定していた現行の営業車両「E2系」の走行試験は延期する。

【営業車両はこれ…写真特集】格好いいロングノーズだ…最速E5系の内外装をいろんな角度からみる

【関連ニュース】
【写真特集】初代ミニ新幹線 400系「つばさ」ラストラン 東京駅にファン800人
【写真特集】さよなら、500系のぞみ号 超人気車両ラストラン完全詳報
【写真特集】顔のように見える可愛い新800系つばめが民家の軒先に
【写真特集】間近に見る新幹線のおなかにびっくり 「新幹線なるほど発見デー」
【写真特集】さよなら0系新幹線:1975年、山陽新幹線の開通を振り返る

普天間5月決着「絶望的」 ささやかれ始めた鳩山首相の「次」(J-CASTニュース)
首長新党、18日に結成会見(産経新聞)
<日本創新党>首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)
<山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き−日航(時事通信)
posted by ナグモ トオル at 01:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

<平城宮跡>第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)

 奈良市の平城宮跡で6日夜、復元された第1次大極殿(だいごくでん)が試験的にライトアップされ、約10万枚の瓦を使った壮大な建築が古都の夜空に浮かび上がった。同宮跡は平城遷都1300年祭のメーン会場。23日に大極殿完成記念式典があり、24日から11月7日まで各種イベントが催される。

 大極殿は奈良時代、天皇の即位など国家的な儀式が行われた平城宮の中核的建物。奈良文化財研究所の調査結果を基に、文化庁が01年から復元整備を進めてきた。

 幅約44メートル、奥行き約20メートル、高さ約27メートルで、照明器具74台を使用。東京タワーなどを手がけた照明デザイナー、石井幹子さんがライトアップのデザインを担当し、建築の意匠や地球環境に配慮。1時間当たりの電気代を312円に抑えた。今後のライトアップのスケジュールは未定。【花澤茂人】

<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)
制裁延長は「当然」=拉致被害家族会の飯塚代表(時事通信)
駆けつけた警官の前で女性の尻触る 容疑の男逮捕(産経新聞)
4児の身元確認=北海道の車両火災(時事通信)
<富士通>野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
posted by ナグモ トオル at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。